旅行・地域

大阪のヤミ民泊

違法なヤミ民泊の横行に対処するため、
大阪府市が違法営業の疑いがあるなどの
情報を基に6月から4カ月間で2千件を
超す指導を行ったそうです。

8割以上にあたる1839件のケースで
営業を取りやめたそうです。

府市によると、営業をやめたすべてが
無届けのヤミ民泊だったそうです。

ヤミ民泊は犯罪の温床になる懸念も強く、
来年6月に主要20カ国・地域(G20)
首脳会議の開催を控える大阪府市は、
特別チームを設けて監視を強化しているそうです。

宿泊施設を営業する場合、
旅館業法
▽国家戦略特別区域法(特区民泊)
▽住宅宿泊事業法(民泊新法、今年6月施行)
の3法のいずれかに基づき、許認可を得るか、
届け出を行う必要があるそうです。

府市では6月、民泊新法の施行に合わせ、
違法民泊撲滅チームを発足。

このチームが、違法民泊の疑いがあると
いった市民からの通報などを基に、
9月末までに大阪市内で約2300件の
指導を行ったそうです。
その結果、何らかの解決に至ったのは2253件分
だったが、そのうち1839件分は営業を取りやめるという
結果だったそうです。

すごいですね。
それだけ、無届があるのもすごいですが、
取りやめるものすごいです。
いいことです。

|

台風25号

また台風がきています。

猛烈な台風25号は2日、フィリピンの
東海上を北西に進んだ。

気象庁によると、25号は5日に
非常に強い勢力で沖縄を通過。

その後、東シナ海上で東寄りに
進路を変える見込みで、6日以降に
西日本へ近づく可能性もあり、注意が
必要だそうです。

25号は2日午後6時、フィリピンの
東海上を時速15キロで北西に進んだそうです。

中心気圧は915ヘクトパスカル、最大風速は
55メートル、最大瞬間風速は75メートル。

半径170キロ以内が風速25メートル以上の
暴風域、半径440キロ以内が
風速15メートル以上の強風域だそうです。

今回も大きいですね。
気を付ける必要があります。

|

秋のエルニーニョ現象

気象庁です。

10日、8月に太平洋の海洋変動を
監視した調査結果を発表したそうです。

エルニーニョ現象もラニーニャ現象も
発生していない平常の状態が続いているが、
秋にこの状態が続く可能性が40%、
エルニーニョ現象が発生する可能性が60%だそうです。

気象庁によると、太平洋赤道域の
海面に温度が比較的高い層があり、
東に進むことで東部の温度が上がるそうです。

エルニーニョ現象は南米ペルー沖の海面水温が
平年よりも高い状態が1年程度続く現象で、
日本では夏の気温が低く、冬の気温が
高くなりやすいそうです。

ラニーニャ現象はペルー沖水温が低くなる。
いずれも世界的な異常気象を
引き起こす一因とされています。

今年の冬はどうなのでしょうか。

夏は異常な暑さでした。

冬も気になりますね。

|

保育士不足

横浜市の認可保育園だそうです。

保育士不足のため休園することになり、
園児37人が今月いっぱいで転園せざるを
得なくなっているそうです。

休園することになったのは、横浜市鶴見区にある
認可保育園だそうです。

横浜市によりますと、先月、保育士3人から
退職したいという申し出があり、新たな
保育士を確保することもできなかったため
段階的に休園することを決めたそうです。

1歳と2歳の園児については、来年3月まで
1年間は残ることができますが、
3歳から5歳の園児37人は今月いっぱいで
転園せざるを得ないということです。

保育園は今月3日と5日に保護者に
説明したということで、横浜市は
「できる限りの対応をしたい」と
話しているそうです。

認可保育園でも、人手不足なのですね。
給料が安いですから、なかなか人が
集まりませんね。

退職した人は他の保育園に行ったのでしょうね。
対策が必要ですね。

|

がん診断

1年間でがんと診断された最新の
患者数の推計値が公表されたそうです。

男女あわせておよそ86万2000人で、
地域別では日本海側が多いそうです。

国立がん研究センターによりますと、
2013年の1年間にがんと診断された
最新の患者数の推計値は86万2452人で、
前の年よりもおよそ3000人減ったそうです。

内訳は男性が49万8720人、女性が36万3732人で、
男性は胃、肺、大腸の順に多く、女性は乳房、
大腸、胃だったそうです。

また、地域別では日本海側で患者数が多く、
部位別では胃がんが日本海側、
肝臓がんは西日本で多いなどの結果だそうです。

国立がん研究センターは、胃がんは「塩分摂取の
多い地域と似た分布」、肝臓がんについては
「肝炎ウイルス感染の多い地域」などと
分析しているそうです。

4年前の数字が今、発表されるのですね。
でもないよりはよいですが。
現状がわかります。

|

関東地方

関東地方は各地で30度を超える
真夏日となったそうです。
気象庁が熱中症への注意を呼びかけました。

台風一過の18日、関東地方では
午前中から気温が上がり、午後に
かけて各地で30度を超え「真夏日」と
なったそうです。

気象庁によりますと、午後3時までに
茨城県の水戸市と土浦市で34.5度、
東京都の青梅市や群馬県の館林市で
34.2度、神奈川県海老名市などで
34度を観測したそうです。

東京都心は17日より12度も高くなっていて、
気象庁は東京、埼玉、群馬に高温注意情報を出し、
熱中症への注意を呼びかけたそうです。
このあと、20日まで30度を超える暑さが
続くそうです。

台風で涼しくなるかなと思いましたが
暑かったですね。
しばらく続くのでしょうか。

|

北海道のコスモス畑

北海道の丘いっぱいに広がるコスモスが
大変のようです。

今年は「花の見頃が来ない」事態となり、
関係者が頭を悩ませているそうです。

北海道遠軽町の公園では例年この時期に
見頃を迎えるコスモスが、今年は全く咲いていないそうです。

3年前の同じ時期に撮影した映像、31日に
撮影した映像とは全く違うそうです。

原因は天候不順だそうです。
種をまく6月に平年の3倍あまりの雨が
降ったことに加え、先月の日照時間も
平年の半分以下しかなかったそうです。

遠軽町などはイベント開催日を除き、
今年は1人300円の入場料をとらない
ことにしたそうです。

東京も今年は雨が少なかったそうです。
台風の進路も変わっています。

温暖化の影響でしょうか。
いろいろなところに影響が
出ています。

|

函館市

北海道函館市についてです。

民間の調査で「魅力度がトップ」と
「幸福度が最下位」という正反対の結果が
相次いで公表されたそうです。
市民の間で話題になっているそうです。

「魅力度トップ」となったのは、
民間コンサルタント会社・ブランド総合研究所
(東京都港区)によるアンケートの結果だそうです。

昨夏、主要な全国1000市区町村を
対象にインターネット上で「観光に行きたいか」
「特産品を買いたいか」など地域の魅力度に
関する77項目を質問し、3万人から回答を
得て点数化したそうです。
函館市がトップだったそうです。

一方、日本総合研究所(同品川区)が
人口20万人以上の中核市のうち一部を除く
42市を昨年、各種統計で分析し「幸福度」を
はじき出したそうです。
函館市は最下位だったそうです。

人口増加率や財政の健全度といった
基本指標に加え健康・仕事・生活・文化・
教育の5分野だそうです。

魅力があるのに、幸福度は
低いのですね。

よくわかりません。

他の地域からみたら魅力が
あるけど住んでいる人は、幸福で
ないというこでしょうか。

これも困りますね。

|

鳥インフルエンザ

青森市の家禽(かきん)農場で
飼育されていた食用アヒル(フランスガモ)から
毒性が強いH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが
検出されたそうです。

東北の養鶏業者や行政の警戒感が
かつてないほど高まっているそうです。

新潟県で立て続けに鶏への感染が
確認されたこともあり、生産者は消毒など
感染阻止に追われているそうです。
自治体は万が一への備えを
急いでいるそうです。

各生産者は、出入り口や鶏舎周辺などへの
消石灰散布、出入りする人や車両の制限、
従業員の長靴の履き替えや靴底の消毒の
徹底など対策に懸命だそうです。

鶏舎には野鳥の侵入防止策を施し、
従業員に対して野鳥が集まる場所に
近づかないように呼び掛ける業者も
いるそうです。

東北では、珍しいですね。
西日本が多かったですが、今回は
東北です。

韓国では、どんどん広がっているそうです。
日本全国で、注意しないといけませんね。

|

台風18号

気象庁によると、猛烈な台風18号は3日午後3時現在、
沖縄県の久米島の南約160キロの海上を、
1時間に20キロの速さで北北西に
進んでいるそうです。

中心の気圧は915ヘクト・パスカル。
中心付近の最大風速は55メートル、
最大瞬間風速は80メートルで、中心から
半径90キロ以内では風速25メートル以上の
暴風域となっているそうです。

すごい大きな台風です。

4日現在、沖縄を過ぎて九州に
近づいています。

勢力が、どこまで落ちるかですね。

そのままだと、かなり大きい台風です。

注意が必要ですね。
今年の台風は、異常ですね。v

|

より以前の記事一覧