経済・政治・国際

缶チューハイ

今夏の猛暑をにらんで、酒類大手4社が
缶チューハイの増産に乗り出すそうです。

銘柄によっては昨夏に比べて3割ほど
生産量を増やすそうです。

酒の安売り規制により、ビールが
値上がりして販売量が減っており、
割安で人気が高まっている缶チューハイで
挽回するそうです。

気象庁によると、7〜9月は太平洋高気圧が
強く張り出し全国的に気温が平年より
高くなる見込みだそうです。

各社が「特需」を狙うのが缶チューハイだそうです。

キリンビールは主力の「氷結」ブランドで
7〜8月、前年より2〜3割増産し、
サントリースピリッツも「マイナス196℃ 
ストロングゼロ」の生産を増やす計画だそうです。
アサヒビールは7月にかけ、「もぎたて」ブランドを
2割増産し、サッポロビールは缶チューハイ全体で
13%増産する予定だそうです。

安売り規制をするものだから、結局ビールの
消費量が落ちてしまいました。
中小小売店のためになったのでしょうか。

でも企業はすごいですね。
缶チューハイで挽回しようとしています。

|

都議選予想

東京都議選です。

定数127議席をめぐり、全42選挙区で
250人超が立候補する見通しだそうです。

注目は、小池百合子都知事が過半数(64議席)の
与党勢力を獲得できるかどうかだそうです。

「都民ファーストの会(無所属推薦者を含む)」と連携する
「公明党」「東京・生活者ネットワーク」を合わせ、
70議席を超えるという予想があるそうです。

都民ファーストの会(都ファ)は自民を抑えて
第1党になり、民進党離党者など無所属の
推薦候補と合わせ48議席を獲得しそうだそうです。

自民は過去最悪の38議席は上回りそうだが、
40を超えるかどうかのスレスレだそうです。
全員当選が当たり前の公明からは落選者が
出る可能性があるそうです。

民進党は1議席を獲得できるかどうかだそうです。

どうなるでしょうか。
小池新党は勝てるでしょうが、どこまで
いくかですね。
注目です。

|

渡辺喜美氏

日本維新の会は、渡辺喜美副代表を
除名処分にしたそうです。

地域政党「都民ファーストの会」に
協力する意向を示したことが
理由だそうです。

日本維新の会の松井代表はこのように述べ、
渡辺副代表を除名処分にしたことを
明らかにしたそうです。

維新は23日に告示される東京都議会
議員選挙で、小池都知事率いる地域政党
「都民ファーストの会」と対決する姿勢を
示していますが、渡辺氏は「都民ファーストの会」に
協力する意向を示し、離党届を提出したため、
除名処分にしたそうです。

渡辺氏は、松井代表と話をした際に
「政界再編」という言葉を口にしていたと
いうことで、小池都知事の国政進出を
視野に入れているものと見られるそうです。

国政進出は考えているでしょうね。
でも、この人は、いろいろな政党を
渡り歩いています。

どうなのでしょうかね。

|

ツルハ

ドラッグストア大手ツルハホールディングス
(HD、札幌)です。

20日、2017年5月期連結決算を発表したそうです。

売上高は前期比9・4%増の5770億8800万円に
なったそうです。
マツモトキヨシHD(千葉県松戸市)を抜いて
業界2位に浮上したそうです。

本業のもうけを示す営業利益は
同18・3%増の370億7100万円で、
持ち株会社に移行する前のツルハの
株式上場以来、18期連続の増収増益だそうです。

純利益は同26・4%増の244億3300万円。
四国最大手のレデイ薬局(松山市)を
15年10月に子会社化したことが収益増に
寄与し、自主企画商品の大幅入れ替えも
奏功したそうです。

マツキヨを抜いたのですか。

すごいですね。

ドラッグストアの競争も、吸収合併して
どんどん激しくなっています。

|

森友学園

学校法人「森友学園」が大阪府や
国からの補助金を不正に受け取った
疑いで大阪地検特捜部から関係先の
一斉捜索を受けました。

特捜部は今後、立件に向けて、籠池泰典前理事長から
事情聴取を進める方針だそうです。

捜索容疑は、幼稚園の専従職員の数や
特別な支援が必要な園児の数を水増しし、
大阪府の補助金およそ6200万円を
だまし取った疑いと、学園が豊中市に
計画していた小学校を巡って、実際の建設費とは
異なる工事契約書を作成し、国の補助金
5600万円を不正に受け取った疑いだそうです。

特捜部は今後、押収した資料の分析を
進めるとともに、籠池氏の事情聴取を
行う方針だそうです。

補助金の不正は駄目ですね。

もう再起は難しいでしょうね。
問題が大きくなりすぎました。

検察まで出てきましたからね。
いろいろ判明するでしょうね。

|

ヤマト運輸

宅配最大手のヤマト運輸です。

19日、荷物を利用者が受けとる時間を
指定できる「時間帯指定配達」について、
「正午〜午後2時」を廃止する新たな
区分での受け付けを始めたそうです。

社会問題化しているドライバーらの
長時間労働の改善を狙いに、
1998年に業界で先駆けとなった
同サービスの縮小に初めて踏み切ったそうです。
影響はインターネット通販会社にも
広がっているそうです。

時間帯指定は六つの区分があったが
五つの区分へと縮小するそうです。

「正午〜午後2時」の枠は、ドライバーが
昼の休憩を取りやすくするためにやめるそうです。

「午後8時〜同9時」の枠については
「午後7時〜同9時」へと広げ、荷物が集中する
夜間の負担を軽減するそうです。

いいと思いますよ。
ドライバーの負担とサービスを
み直す時期ですね。

|

無人運転タクシー

ロボット開発ベンチャー「ZMP」と
タクシー大手「日の丸交通」です。

15日、無人運転のタクシーの実用化に向け
提携すると発表したそうです。

2020年の東京五輪・パラリンピックまでに
運用を始めることを目指すそうです。

ZMPはカメラやセンサーを搭載した
自動運転機能を持つタクシー用の車両を提供。

日の丸交通が走行中に得た道路状況の
データを蓄積し、無人運転の実現を
目指すそうです。

訪日客の増加が見込まれる中、
ドライバー不足の解消に
つなげることも狙うそうです。

自動運転が実用化されますね。
20までに、ある程度実用化されると
よいですね。

将来的に、自動運転が実用化
されると、高齢者運転事故などの
問題も解決するかも知れません。

|

サスペンスシリーズ

女優の松居一代(59)が14日に
更新した公式ブログで、“2時間ドラマの帝王”こと
夫の俳優・船越英一郎(56)のサスペンスシリーズが
「すべて打ち切り」になったと打ち明けたそうです。

民放各局の2時間ドラマは、日本テレビ系
「火曜サスペンス劇場」やテレビ朝日系
「土曜ワイド劇場」など1980~90年代に
隆盛を極めたが、近年は次々にレギュラー枠が
消滅し、放送自体が激減しているそうです。

また、船越自身も4月からNHK総合
「ごごナマ」に毎週月~金曜の午後1時5分から
午後4時まで生出演しています。

サスペンスって地方ロケなどがあって
毎回お金がかかるそうです。

そのお金に見合う利益があるかどうかですね。

少なくとも若い人は、サスペンスなんか
みませんね。
高齢者ばかりです。

無くなるのもわかります。

|

玄海原発の再稼働

九州電力玄海原発3、4号機
(佐賀県玄海町)の再稼働差し止めを
地元住民らが求めた仮処分申請です。

佐賀地裁(立川毅裁判長)は13日、
「運転により重大な被害が生じる具体的な
危険が存在するとは認められない」として、
申し立てを却下したそうです。

4月には山口祥義(よしのり)佐賀県知事が
再稼働に同意しているそうです。

今回の決定で九電は目標とする
年度内の再稼働に向けてさらに前進したそうです。

住民側は福岡高裁に即時抗告する方針だそうです。

立川裁判長は決定で「九電は相当の根拠、
資料に基づき主張し、3、4号機の安全性に
欠けるところがあるとは認められず、
運転によって住民の人格権を侵害する
恐れがあるとは認められない」と、
住民側の訴えを退けたそうです。

地域によって、判断が分かれて
います。

稼働できるところとできないところが
あります。

これからどうなるのでしょうか。

|

ビールの新商品

ビール大手各社は6月から始まった
小売店の酒類安売り規制の反動減を
和らげようと、ビール類の新商品に
力を入れるそうです。

5月のビール販売実績は、アサヒビールが
前年同月比14%増。
価格が安い第三のビールは同22%増だ。
サッポロビールもビールが同14%増。
キリンビールとサントリービールも
ビールはほぼ同1割増となる見込みだそうです。

5月は安売り規制を見越した
“需要先食い”のようです。

6月以降の反動減を最小限に
食い止めるため、各社は知恵を絞っているそうです。

ビール大手各社は新商品を
相次ぎ発売しており、反動の影響を
回避したい気持ちがあるそうです。

政府がビールの過度な安売りを
規制する狙いは、個人経営などの
酒屋を守るためだそうです。

でも、結局、安い所で買います。
そして、価格が高くなると飲まなくなります。
ビールの販売量は減っていますからね。

|

より以前の記事一覧